「REVOLVER」の歌詞 氷室京介

2001/9/27 リリース
作詞
森雪之丞
作曲
氷室京介
文字サイズ
よみがな
hidden
いつまでもしずまない 太陽たいよう
ふるぼけたシェイドから グラスにしずくれる
永遠えいえんかがやきを せば
あのよるいとしさは いまむね

ベッドにらかした
Kissとたましい破片かけら
おまえが邪魔じゃまでなきゃ あずかっててしい

はなれるほどちかくに
かんじるのがきずな
ほこ微熱びねつ
サヨナラはわない

くもしたかすんでる 街角まちかど
もうすこままたびつづけるよ
昨日きのうよりおれらしく きられたなら
ゆめ亡霊ぼうれいまようこともない

おまえのやさしさに
何度なんど すくわれただろう…
おもいはかぜどきかわもる

約束やくそくらない
明日あしたきればいい
るぎなきあいなら
サヨナラはわない

はなれるほどちかくに
かんじるのがきずな
ほこ微熱びねつ
サヨナラはわない

こすれてえた身体からだと みつめてけたこころ
あいった おれのすべて
おまえがくれたなにかに ふるえるゆめ かさねれば
てない孤独こどくにも きっとえてゆける

約束やくそくらない
明日あしたきればいい
るぎなきあいなら
サヨナラはわない
はなれるほどちかくに
かんじるのがきずな
ほこ微熱びねつ
サヨナラはわない

I will never say good-by, my love
サヨナラはわない