1. 浪曲一代歌詞

「浪曲一代」の歌詞 氷川きよし

2009/11/11 リリース
作詞
松井由利夫
作曲
水森英夫
文字サイズ
よみがな
hidden
那智なち黒石くろいし こころめて
みがけばふかみも つや
天晴一代てんせいいちだい 浮世うきよさか
あにおとうと ちからわせ
げい真髄まことつかむまで
てはならない 故郷くにそら

地所変ところかわれば水変みずかわる
身体からだこわすな風邪かぜひくな
そっとかたたたき
わたしてくれたつつみのなかにゃ
ははにぎった しおむすび…

うわつらでは わかったつもり
つもりじゃとおらぬ げいみち
天晴一代てんせいいちだい ふたつのいのち
かぜかたらい さむさをしのぎ
ふしいろどこと
えたあの男泣おとこな

はは言葉ことば今更沁いまさらしみる
苦労くろうはいつかは ろす
天晴一代てんせいいちだい きずなはひとつ
あにあい おとうとかた
義理ぎり人情にんじょうわせわざ
ゆめ花道はなみち 晴舞台はれぶたい