1. 番場の忠太郎歌詞

「番場の忠太郎」の歌詞 氷川きよし

2004/7/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
筑波颪つくばおろし
荒川土手あらかわどて
またぎゃほぐれる
三度笠さんどがさ
かおらねえ
まぶたはは
もしもえたら
はなしのつぎ
なんとつけよか
なんとつけよか 忠太郎ちゅうたろう
(セリフ)
(おかみさん
どうしてもせがれとは
忠太郎ちゅうたろうとはんじゃ
くれねえんでござんすね)
(セリフ)
(母恋ははこいしさに
ながながれて幾年月いくとしつき
…あんまりじゃ
ござんせんか!)
渡世仁義とせいじんぎ
口上こうじょう
はじ上塗うわぬ
さらすだけ
せめて たよりは
親子おやこきずな
どんな おひと
無事ぶじでいてか
おもうだけでも
おもうだけでも けてくる
(セリフ)
(こうして
りょうまぶたわせりゃ
やさ笑顔えがお
うかんでくらあ)
(セリフ)
(もう二度にど
にゃかかりませんが
いつまでも達者たっしゃでいて
おくんなせえよ)
(セリフ)
(御免ごめんなすって
…おっさん)
二束三文にそくさんもん
草鞋わらじひも
いちど こじれりゃ
てるだけ
はなのこもれ
水熊横丁みずくまよこちょう
ゆきまく
芝居しばいは はねた
どこへながれる
どこへながれる 忠太郎ちゅうたろう