「ほんの少し」の歌詞 永井真理子

2002/1/30 リリース
作詞
Kyoko Endo
作曲
Kyoko Endo
文字サイズ
よみがな
hidden
なんでも経験けいけんをしたとしても
ちっともわらない ちいさな まず臆病おくびょうなところ

ふるびてってるのはわかるのに
なぜこころだけは いつでも おなかたちをしてる

まえのあなたから つたわってくる あまえる気持きも
なみだのわけがなぜか よくわかるのが まんざらでもない

あなたがいてると わたしけてくるから
どうぞわらって はなしをしてほしいの
かなしいことばかり あるのはっているから
そんなふう自分じぶんめないでほしい
ほんのすこしだけやさしく ほんのすこ

理想りそうくびをしめるのはやめて
調度ちょうどいいかんじで これから ってみたいものだね

どんなにふんばっても 心臓しんぞう
勝手かってにやってるし 地球ちきゅう勝手かってまわっている

なさけないけどどこか わすれたふりも 上手じょうずになって
愛想あいそ一言ひとこと大事だいじだなんて かるくぼやいたり

あいされたぶんだけ 長生ながいきできるらしい
たがいしぶとく なかにはびこって
たのしいことだけを かんがえるようにしよう
とにかく自分じぶんめるのはやめて

あなたがいてると わたしけてくるから
どうぞわらって はなしをしてほしいの
かなしいことばかり あるのはっているから
そんなふう自分じぶんめないでほしい
ほんのすこしだけやさしく ほんのすこ