「夜空にのびをして」の歌詞 永井真理子

1994/6/8 リリース
作詞
永井真理子
作曲
廣田コ-ジ
文字サイズ
よみがな
hidden
みんなが たよってる まちの とてもおおきな
ゆき布団ふとん くるまれて 気持きもちよく ねむってるようね
部屋へやにある暖炉だんろ まるできみのようにあつ
なやみなんか 1いちミリさえも せないんだね

がんばるきみは キレイだけど よけいに 心配しんぱいだよ

とびらをあけ 空気くうきれかえ
ほのおらして 自分じぶんかげ たしかめてね
今日きょうなんにも わずに ゆっくり
夜空よぞらに のびをして ねむってね

大丈夫だいじょうぶ わたし」という きみ笑顔見えがおみ
「そうみたいね」と くちから こぼれてしまうこと かなしい
貯金箱ちょきんばこにもう はいりきれないくらいの
きずをもっていることは よく ってるんだよ

無理むりするきみは キレイだけど よけいに 心配しんぱいだよ

とびらをあけ 空気くうきれかえ
涙腺るいせんのふたが つからないくらい いて
はずかしがることでは ないから
明日あしたかわいま つくるため

とびらをあけ 空気くうきれかえ
ほのおらして 自分じぶんかげ たしかめてね
今日きょうなんにも わずに ゆっくり
夜空よぞらに のびをして ねむってね