「揺れているのは」の歌詞 永井真理子

1991/6/26 リリース
作詞
亜伊林
作曲
辛島美登里
文字サイズ
よみがな
hidden
れているのは かぜじゃない
それはあのおも
バルコニー 一人佇ひとりたたずめば
えるよ 黄昏たそがれ

わかすぎたから さよならは
えないことばとめて
ほほえむだけで右左みぎひだり
わかれた街角まちかど

深呼吸しんこきゅうすれば かぜうわさ
このそらとどきそうだね

どこにいても あなたならば
きっと上手うまくゆくはずよ
あのときからすこしだけ このわたし 大人おとなになった
けんかばかり していたけど
それがなつかしくなるよ
わたしだけじゃないでしょう
二人ふたりともきっとおな

自分じぶんのことが えなくて
あなたにつらくあたった
すべてを かるなが
ひとみにくんだ

どこからまれて
どこにくのか
不思議ふしぎだね つかめそうなの

どこにいても あなたならば
きっと上手うまくゆくはずよ
あのときからすこしだけ このわたし 大人おとなになった
けんかばかり していたけど
それがなつかしくなるよ
わたしだけじゃないでしょう
二人ふたりともきっとおな

けんかばかり していたけど
それがなつかしいおも
いまわたしだったなら
さよならはあいのことば