1. 23才歌詞

「23才」の歌詞 永井真理子

1990/4/18 リリース
作詞
永井真理子,浅田有理
作曲
前田克樹
文字サイズ
よみがな
hidden
10才じゅっさい頃小ころちいさなわたしけないなやみがあると
くやしくてきながらねむった そんなよるもあったもの
学校がっこうからのかえりのみちで すれちが学生がくせいたち
しろいソックスとかわくつ
なんだか大人おとなえて不思議ふしぎだったよ
17才じゅうななさいころいまでは なつかしいおもなの
あんなに大人おとなえたとし
自分じぶんじゃそうはおもえない
ひとれてくってことと
れてもらうことが
うまくかみあわないままなぜか むねだけがあつくなった
いまどこへいま自分じぶんいまなにさがせばいいのか
さっぱりわからない なやみさえもからっぽ
きっとこころが きっとひとりじゃ
きっと栄養失調えいようしっちょうなんだ
ひどくもどかしいよ
だれかと出会であいたい くるしい出会であいでもいいよ

23才にじゅうさんさいいそがしい日々ひび なにかがりないんだね
情報じょうほうはこんなにあふれていて
なか便利べんりなのに
日陰ひかげされた洗濯物せんたくもの 部屋へやいてくかすみくさ
こえさないものたちだって なにかほしいとっている
いまどこへ いまはいつも
いまはどこかへ かう途中とちゅうなの?
さっぱりわからないってことだけわかるの
きっとこころが きっとひとりじゃ
きっとやせっぽちになってく
たがやすことをしなくちゃね
よろこびわかちあい 大声おおごえわらいたい
だれかと出会であいたい くるしい出会であいでもいいよ