1. MARIKO歌詞

「MARIKO」の歌詞 永井真理子

1988/1/25 リリース
作詞
永井真理子
作曲
前田克樹
文字サイズ
よみがな
hidden
いっぱいいっぱい まちがえてみたいとおも
きっとそこからなにかがまれる
さがしてさがしてみてこころ片隅かたすみ
きっとあふれてくるおもいあるはず

こわかったの自分じぶん
のびばかりしてたから
素直すなおのままがいいよと ったとき
こえこえた

自分じぶんになる 自分じぶんになる
たびようとおもうから
つめていて つめていて
失敗しっぱいするところも全部ぜんぶ
・・・わたしは Mariko

ちいさなちいさなころ たよりにしていたのは
いつも一緒いっしょだったおおきなシェパード
かなしいかなしいよる ゆめなか
そらかってはげしく何故なぜえるよ

いまはそれがぼんやり
あいのようながするの
友達ともだちっていいよね とおくいても
こえこえる

自分じぶんゆめ 自分じぶんゆめ
しんじてみようとおもうから
つめていて つめていて
なさけないところも全部ぜんぶ
・・・わたしは Mariko