「ぼくらの道」の歌詞 永山尚太

2007/10/24 リリース
作詞
暮部拓哉
作曲
暮部拓哉
文字サイズ
よみがな
hidden
あれから何度なんど よるえて
たしかなものをつけようとした
ぼくらはいつも そのままで
いられることのぞんでいた

不意ふいえたひかりのこされたままで
こんなおもいが そら

あなたのそばでわらいたくて
見上みあげるそらなみだいてた
このをのばしたそのさき
きっと ぼくらのみち

ごした日々ひびながすぎて
ちいさなことであなたを
たせなかったぼくらのゆめ
このままどこへながれてゆく

ふゆかぜのにおいが よるなかへとけた
きっとこころくずれてしまう

いつまでもそばにいるからと
約束やくそくをしたとおいあのはる
かえ日々ひびなか
こころはなさない

ただあなたをあいしたい かぎりあるときなか
なにもかもめて かえらずこのまま
もう一度いちどあののように

あなたのそばでわらいたくて
見上みあげるそらなみだいてた
どこまでもつづくこの日々ひび
ひかりさがしてる

あなたがわらっているように
いのっていたいどんなときでも
このばしたそのさき
きっと ぼくらのみち