「風揺れる街」の歌詞 永山尚太

2007/10/24 リリース
作詞
竹越かずゆき
作曲
竹越かずゆき
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしみこらえたら いきまってしまうよ
こぼれたなみだてたつちうるお

だれかがそうってた なぐさめるわけもなく
やさしさにあふれた 季節きせつがまた ここにやってきたみたいだ

風揺かぜゆれるまち のこされたこい なつかしいかおりがするなら
めのない 気持きもちさえも すぐにれるよ
またたみちひらいて こころのままにけばいいさ
ときにいかける 今日きょうがあればいい

昨日きのうせつなさは あかつきのそらえて
かたりかけながら これからの世界せかいえが

いつしかわすれてた ぬくもりをさがすように
やっとたどりいた 未来みらいがある つよおもってた未来みらい

風揺かぜゆれるまち 明日あした出会であい そこにいるだれかのために
てないゆめいまもずっと いかけているよ
そしてまちは やがてかがやき それぞれの場所ばしょらすだろう
ときにあいげて つづけるだろう

わり景色けしきが はやくかんじたら
すこしだけあゆめて ながめていよう

風揺かぜゆれるまち のこされたこい なつかしいかおりがするなら
めのない 気持きもちさえも すぐにれるよ
またたみちひらいて こころのままにけばいいさ
ときにいかける 今日きょうがあればいい