1. Everlasting Snow歌詞

「Everlasting Snow」の歌詞 池上ケイ

2007/11/14 リリース
作詞
Kei Ikegami,Goro Matsui
作曲
Kei Ikegami
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜん 夜空よぞらから こぼれだした ゆきのかけら
見慣みなれた 歩道橋ほどうきょう しろめてゆく
いつから 足跡あしあといながら ならんでたの
ふりむく みちのこきみのあたたかさ

なにもない よるこうがわ
いまはなにも えない でも いつか

ただギュッ と きしめられて もっとこころがふれたなら
しあわせは きっと はじまる
なみだがあふれるのに 笑顔えがおに なれるのは
きみの ぬくもりが わかるから

こごえて だれにぎることができずにいた
えだにも わすれられて れるのように

づくほど つらいあいもある
つよさだけじゃ こわれる でも いつも

ただギュッ と きしめられて もっとわかちあえるものを
たしかめてみたい かならず
ことばに まようときも おもいがつたうのは
きみやさしさが わかるから

ギュッときしめって もっとこころがふれたなら
しあわせは きっと はじまる
なみだが あふれるのに 笑顔えがおになれるのは
きみがいるからさ そして

ふたりのあとのこゆきかすはるても
あたらしいはなくから
そのさきにあるみちえらんでゆけばいい
きみと どこまでも けるまま