「ケヤキの神」の歌詞 池田大其

1997/8/1 リリース
作詞
池田大其
作曲
池田大其
文字サイズ
よみがな
hidden
(ソーリャ、ソーリャ、
ソーリャ、ソーリャ…)
(まつりじゃ まつりじゃ
ソーリャ、ソーリャ…)
(ソーリャ、ソーリャ…
ソーリャ、ソーリャ…)
ソーリャ、ソーリャ、
ソーリャ、ソーリャ、
まつりじゃ まつりじゃ
だんじりじぁい
ホイサャ、ホイサャ、
ホイサャ、ホイサャ、
声出こえだはし
だんじりじぁい
大阪おおさか泉州男せんしゅうおとこまち
とお時代じだいよみがえ
いもわかきも
かさなりってこえ
腹当はらあ鉢巻はちまそろいの法被はっぴ
パッチ姿すがた似合にあ
泉州男せんしゅうおとこ
ケヤキのかみまわ
間違まちがこせば
電信柱でんしんばしらこわす、
あらくれおとこ
呼吸こきゅうかさ
綱先つなさき綱中つななか綱元つなもとやく
ものしきる青年団せいねんだん
まえデコつかまり
大屋根おおやね子屋根こやね
命知いのちしらずの若頭わかがしら
ふゆはる
まつばなしかえし、
なつあき
ときしいとまつりをさけ
このまちじゃ常識じょうしきさ、
1年いちねん365日さんびゃくろくじゅうごにち
だんじりじゃい
つたわるよ たましい
伝統でんとうつがれた
だんじりじゃい

一町、一町いっちょういっちょうプライドかざった
ケヤキのかみ微笑ほほえんで
五穀豊穣ごこくほうじょう
いのりをひびかせる
他町たちょうのだんじり
めたりしない
自分じぶん地車じぐるま 天下一てんかいち
あっちでこっちで
自慢じまん太鼓たいこ
らす
ケンカまつりと
われるぐらいに
まつりのあいだあら
あめろうが
いきおまらぬ
泉州空せんしゅうぞらよゲタまつ
子供こども年寄としより、おとこおんな
ワクワクするさこのまつ
さぶいぼつよ、
がっておくれよ
各町自慢かくちょうじまんのやりまわ
なみだする男達おとこたち
まつ最後さいご小屋こやまえ
すこしずつえて
かりにうつ
ケヤキのかみ
だんじりじゃい!
だんじりじぁい!
これが俺達愛おれたちあいしてまない
だんじりじぁい!
たましいこえるよ、
ソーリャ、ソーリャ、
ソーリャ、ソーリャ、
だんじりじぁい
このまちじゃ常識じょうしきさ、
1年いちねん365日さんびゃくろくじゅうごにち
だんじりじゃい
つたわるよたましい
伝統でんとうつがれた
だんじりじゃい
このまちじゃ常識じょうしきさ、
1年いちねん365日さんびゃくろくじゅうごにち
だんじりじゃい
つたわるよたましい
伝統でんとうつがれた
だんじりじゃい
(ソーリャ、ソーリャ、
ソーリャ、ソーリャ…)