「モノクローム・ヴィーナス」の歌詞 池田聡

1986/8/5 リリース
作詞
松本一起
作曲
佐藤健
文字サイズ
よみがな
hidden
わすれたくて たのしんで
わすれたくて
いつわりのこいをしてた いままで
はしぎた くるまには
あのよりも
ほっそりとした横顔よこがお
たしかにきみだったよ

Back-mirror に ぼく
んでも
きみづかないまま
まちえた
さびしさを
さびしさを)
にくしみにえても
もう一度いちど
(もう一度いちど
きみえる
こころのスミで
しんじていたけど
しずぎた 毎日まいにち
さわした 突然とつぜん
めぐりいがツラくて
むねじた
きみはヴィーナス
きっと二人ふたり
あのまでかえれるなら
まえよりあいえる

Show-Window にうつ
ぼく一人ひとり
ふる写真しゃしんのように
きみはいない
たとえいま
(たとえいま
なにかをもとめても
とおすぎて
とおすぎて)
つめえない
二人ふたりになった
季節きせつわって
わすれたくて たのしんで
わすれたくて
いつわりのこいをしてた いままで
しずぎた 毎日まいにち
さわした 突然とつぜん
めぐりいがツラくて
わすれたくて たのしんで
わすれたくて
いつわりのこいをしてた いままで
むねじた
きみはヴィーナス
あのよりも
ほっそりとした横顔よこがお
たしかにきみだったよ