1. ドアを開けたら歌詞

「ドアを開けたら」の歌詞 沢田知可子

1998/1/10 リリース
作詞
沢田知可子
作曲
沢田知可子
文字サイズ
よみがな
hidden
いそあしで いつもとおなじルートへかう
Speedわせて およさかなたちのれに
たとえわたしゆうべふられていたとしても
からだにしみついた るがないあさだから

部屋へやのドアをけたら わたし
しなやかな笑顔えがおつつんで
頑張がんばるだけよ」とつぶやくの
なみだかぜ味方みかたにつけて

どうしようもなく ひとこいしくなるのは何故なぜ?
できれば今夜こんや 男友達おとこともだちがほしい
ひとりぼっちで 道草みちくさするワインのあじには
こころけない 中途半端ちゅうとはんぱなシングル

部屋へやのドアをけたら わたし
化粧けしょうながすシャワーに ゆだ
さびしいだけよ」とつぶやくの
かがみくもらせた 素顔すがおひとみ

部屋へやのドアをけたら わたし
無我夢中むがむちゅう孤独ひとりきていた
真実ほんとわたしからずに かぜながされて

真実ほんとあい 真実ほんとわたし
もどしにきたい かなくちゃ…
「もう一度いちどチャンスをください」と素直すなお気持きもちは
真実ほんとわたし 真実ほんとあい
ドアのこうへ むかえにこう