1. 二十歳のころ歌詞

「二十歳のころ」の歌詞 沢田知可子

2000/11/21 リリース
作詞
沢田知可子
作曲
沢田知可子
文字サイズ
よみがな
hidden
わりとままにあるいて
十代じゅうだいとも そろそろおわかれね
線香花火せんこうはなびともしながら
ひとりぼっちで 夢見ゆめみるBirthday

優柔不断ゆうじゅうふだん恋人こいびと
つかずはなれず 友達ともだち感覚かんかく
プロポーズはゆめのまたゆめ
ひらなおって むかえるBirthday
あいについておも期待きたいしなければいい
きずつくたび からだませてたわ

おもしてごらん…
二十歳はたちころはこんなに、こんなにいいじゃなかった
ながれ、ながされるドラマのなか
わたしのプライド、情熱じょうねつなみだ何処どこったの…

ずるい大人おとなにもなれなくて
おんな武器ぶきたたかすべもなく
流行りゅうこうふくゆだねて
安心あんしんしてる 平凡へいぼん日々ひび
これがわたしだから仕方しかたがないじゃない
あきらめれば すこしは気楽きらくになるけれど…

おもしてごらん…
二十歳はたちのころにえがいた 未来みらいわたし微笑ほほえ
ながれ、ながされるドラマのなか
すこしのプライド、情熱じょうねつなみだがあふれはじめた

おもしてごらん…
かえるのも大事だいじな、大事だいじわたしのメッセージ
ながれ、ながされるドラマのなか
あのわたしいまでも こころきているから…
きているから…
二十歳はたちのころ…