「初恋」の歌詞 沢田知可子

2002/11/30 リリース
作詞
村下孝蔵
作曲
村下孝蔵
文字サイズ
よみがな
hidden
さみだれは緑色みどりいろ かなしくさせたよ
ひとりの午後ごご
こいをして さびしくて
とどかぬおもいを あたためていたよ
きだよとえずに初恋はつこい
細工さいくこころ

放課後ほうかご校庭こうていはしきみがいた
とおくでぼくは いつでもきみをさがしてた
あさゆめだから むねをはなれない

夕映ゆうばえは杏色あんずいろ かえみちひとり
口笛くちぶえいて
名前なまえさえ べなくて
とらわれたこころ つめていたよ
きだよとえずに初恋はつこい
細工さいくこころ

かぜったはなびらが 水面みなもみだすように
あいという いてみてはふるえてたあのころ
あさゆめだから むねをはなれない

放課後ほうかご校庭こうていはしきみがいた
とおくでぼくは いつでもきみをさがしてた
あさゆめだから むねをはなれない
むねをはなれない
むねをはなれない
いまもはなれない