「季節外れの海」の歌詞 沢田知可子

1998/2/25 リリース
作詞
沢ちひろ
作曲
沢田知可子
文字サイズ
よみがな
hidden
季節外きせつはずれの うみてた
まだ、ぬ あなたをてた
みみをすまして そのやさしさ そっと、そっと、たずねる

かぜひらいてく このうみ
とりになって わたりたいな
あなたのやさしい 微笑ほほえみと あおそらしんじて…

だれもがきてみじかさなど
くちには ださないけど
おぼえた あい言葉ことばなかで しがみついているだけ
しがみついてきてる

季節外きせつはずれの うみてた
まだ、らぬ しあわせをてた
およいでるこころだけ、れて 何故なぜか、何故なぜか、けない

いつかは わたしのことなんて
みんな、わすれるるよね
だけど のこせるものはあると
すこし、すこし、おもうの

だれもがきてく はかなさなど
くちには ださないけど
もとめた あい言葉ことばのなかで ねむりにつきたいだけ
ただ それだけでいいの

季節外きせつはずれの うみてた
まだ、ぬ あなたをてた
みみをすまして そのやさしさ そっと、そっと、たずねる