「歌姫ものがたり」の歌詞 沢田知可子

2009/2/25 リリース
作詞
覚和歌子
作曲
平井夏美
文字サイズ
よみがな
hidden
ラララ…彼女かのじょうたう ラララ…こころのかぎり
ラララ…こののしあわせ ラララ…かなしみを
ちいさなころから うた得意とくい彼女かのじょうたうと みんながほめた
つめられるほどに 彼女かのじょはどこまでも たましい全部ぜんぶおもうさまかがやいた
情熱じょうねつ歌姫うたひめ がれるおとこは ひきもきらない ほしかずほど
たくさんのこいと たくさんの宝石ほうせき スポットライトが 彼女かのじょのすみか
だれにもかしづかない わがままは承知しょうち「だって世界せかいわたしのひら」
そんな彼女かのじょみぎほお はたかれた おとこ瞬間しゅんかんこころうばわれた

ラララ…うたはもうやめ ラララ…がついたら
ラララ…うたよりとうとい ラララ…ものがある
しずかで平和へいわらしは8ねん かけがえのない あいという名前なまえ
それは自分じぶんうそをついてた時間じかん うたわないとりんだもおな
飴色あめいろのドアを 彼女かのじょはあとにした ふたりでいたのに ひとりぼっちだった
あいしていたのは うそじゃなかったの そういた手紙てがみ
キッチンでやして

としかさねてく 日々ひびにつられて うたすこしずつ れなくなっていった
すれちがっても だれもふりかえらない 彼女かのじょ居場所いばしょは ここのはずなのに
うたえないとりんだもおなたか歩道橋ほどうきょうから ハイウェイ見下みおろすと
さかなのような クルマのれが こっちにおいでと 彼女かのじょさそった

ラララ…彼女かのじょうたった こえかぎりに、うたいおさめと
ラララ…そしたらなんだか ラララ…あほらしくなった
なぜだからない 彼女かのじょにもわからない
だけどぬのは やめてよかった
彼女かのじょうたうと おきゃくをよじり いてわらって ありがとうとうから
うたしかうたえない 不器用ぶきよう歌姫うたひめ 本当ほんとうのことうわ 彼女かのじょわたし
ここでうたってる ほかでもないわたし ありがとうとうのは こっちのほうだわね
ラララ…わたしうたう ラララ…いのちのかぎり
ラララ…こののしあわせ ラララ…かなしみを
ラララ…わたしうたう ラララ…いのちのかぎり
ラララ…こののしあわせ ラララ…かなしみを