「オリーヴ・オイル」の歌詞 沢田研二

1997/6/10 リリース
作詞
覚和歌子
作曲
吉田光
文字サイズ
よみがな
hidden
背中せなかんで むねをつかんで
あいなら もうびしょれだよ
オイルとあせほおばりながら
ふたりは けていく

わないときは クールなぼく
きみには もうわからないよ
はじめてのよな あいごとに
ふかみに はまるだけ

ためいきの クレシェンドの角度かくど
微熱びねつから情熱じょうねつわるのさ
きみだけが ぼくにおいをうつせる
刹那せつなきることに 身体からだはためらわない

背中せなかんで むねをつかんで
今夜こんやは もうびしょれだよ
うばってあいほおばりって
どこまで けていく

ひとりのぼくれるのに
どうして ああ不可思議ふかしぎだよ
ひりひりさせて あいごとに
ふかみに はまるだけ

うしゆびをさされるのは きさ
ふたりには 天使てんしさじげる
せつなさで 身体からだをぬりつぶしたら
運命うんめいただしいと わけもなくわかるのさ

背中せなかんで むねをつかんで
あいなら もうびしょれだよ
オイルとあせほおばりながら
ふたりはけていく

ひとりのぼくれるのに
どうして ああ不可思議ふかしぎだよ
ひりひりさせて あいごとに
ふかみに はまるだけ

背中せなかんで むねをつかんで
今夜こんやは もうびしょれだよ
うばってあいほおばりって
どこまで けていく

背中せなかんで むねをつかんで
あいなら もうびしょれだよ
オイルとあせほおばりながら
ふたりは けていく

背中せなかんで むねをつかんで
今夜こんやは もうびしょれだよ
うばってあいほおばりって
どこまで けていく

背中せなかんで むねをつかんで
あいなら もうびしょれだよ
オイルとあせほおばりながら
ふたりは けていく

背中せなかんで むねをつかんで
今夜こんやは もうびしょれだよ
うばってあいほおばりって
どこまで けていく