1. 涙色の空歌詞

「涙色の空」の歌詞 沢田研二

2010/9/1 リリース
作詞
沢田研二
作曲
秦輝
文字サイズ
よみがな
hidden
涙色なみだいろそら公園こうえんすなぬらし 金色こんじきひかりくもいてしこんだ
きみあいしたいあいをつらぬいて どこまでれたってりない I BELIEVE

きみ傷跡消きずあときえないけれど きしめてくしかないのだね
あらしよる辛抱強しんぼうづよあいしずかにねむりにさそわれるまで
おとなしくしててばいい

金色こんじきひかり二人ふたりだけをらし 涙色なみだいろそら天使降てんしおりてれてゆく
きみもどあいぐに いつまでおぼれてもりない I BELIEVE

ぼく懺悔ざんげ明日あすへの不安ふあん だから二人ふたりはころがって
ちこむあさはしどけないまま あいがその目覚めざめてがるまで
いきをゆるめててばいい

このあきつぎふゆはるも MAY BE
そしてなつ そう永遠えいえんに つづく

きみ傷跡消きずあとけせないけれど きずってくしかないのだね
いまもときめく明日あすへの希望きぼう だから二人ふたりはもろとも

つのるおもいに微笑ほほえおう だから二人ふたりえて
けわしいやまとおまわりして あいがゆっくりしみこみにじみだすまで
ときにまかせてってつながってくこと かさねることのおもおも