「麗しき裏切り」の歌詞 沢田研二

1998/7/15 リリース
作詞
朝水彼方
作曲
依知川伸一
文字サイズ
よみがな
hidden
あるよる偶然ぐうぜん はじまりはなりゆき
うたびに きになるなんて

イメージははげしく そのこころやさしく
その谷間みぞちてゆくぼく

ほどいてゆくきみはとても 素敵すてきいつけない

ぼくをどこまで まどわせるの
うるわしき裏切うらぎりで
こんなはずじゃなかったのに
だまされる快楽かいらくおぼれて おぼれて

さりげない微笑ほほえみ それだけで充分じゅうぶん
このぼくりまわすなんて

うわさではつめたく 真実しんじつ純情じゅんじょう
かげひかりへとわる

時間じかんながれてゆくほど きみしかえなくなる

ぼくをどこまで れてゆくの
うるわしき裏切うらぎりで
キリがなく わりもなく
きしめる きみだけを 夢中むちゅう夢中むちゅう

なみだながれてゆくほど きみしかえなくなる

ぼくをどこまで まどわせるの
うるわしき裏切うらぎりで
こんなはずじゃなかったのに
だまされる快楽かいらく

どこまでも れてゆくの
うるわしき裏切うらぎりで
キリがなく わりもなく
きしめる きみだけを 夢中むちゅう