1. 会社をやめて旅に出よう歌詞

「会社をやめて旅に出よう」の歌詞 河口恭吾

2006/8/23 リリース
作詞
河口京吾
作曲
河口京吾
文字サイズ
よみがな
hidden
自分じぶんあしえない電車でんしゃめられて
ドナドナ今日きょう子牛こうしはゆくよ

カタログにってるようなふくくるまらしを
れるのは大変たいへんだから

わらないリボばらいとかわすられぬこいとかを
われない自分じぶんわけにしていつもいつも

会社かいしゃをやめてたびよう れたそらめたあさ
いつもこころもとめてた ここじゃない場所ばしょさがしにいま
たびよう

人並ひとなみのしあわせ」にはスゴく努力どりょくがいるって
気付きづいた途端とたんつかれてきた

れたものよりもくしたものばかりが
胃袋いぶくろいたあなからえる

だれかのことうらやましいているとき
きゃらない自分じぶんばかりめてるのさ

会社かいしゃをやめてたびよう だれかの言葉ことばはいらない
星降ほしふ夜空見上よぞらみあげたい そっとねがいをつぶやくよ
たびよう

戸惑とまどこころそのおくに きっとこたえがあるから
ことおそれない ころんでわらわれるのがなんだよ

会社かいしゃをやめてたびよう れたそらめたあさ
いつもこころもとめてた ここじゃない場所ばしょさがしにいま
たびよう