1. 夏への羨望歌詞

「夏への羨望」の歌詞 河口恭吾

2007/4/18 リリース
作詞
河口京吾
作曲
河口京吾
文字サイズ
よみがな
hidden
槍ヶ先やりがさき交差点5時半こうさてんごじはんそら桃色ももいろからあおへのグラデーション
"REDEMPTIONリデンプション SONGソング"こえる店先みせさきひやかせば今年最初ことしさいしょ湿しめったかぜ

夕闇ゆうやみくなるのは
おもとシナモンのかお

もうすぐまたなつはじまって
うみ花火はなびこいだって
けたはだ あせあまにおいに
またまどわされたくって

もうすぐまたなつはじまって
うみ花火はなびこいだって
けたはだ あせあまにおいに
またまどわされたくって

八幡通はちまんどおけて246によんろく渋滞じゅうたい 今日きょうもテールライトのあかかわ
神宮じんぐう花火はなびえるってホテルの部屋へやかりを見上みあげてる

カーラジオがつたえてる
今週こんしゅう天気てんき梅雨明つゆあけを

もうすぐまたなつはじまって
うみ花火はなびこいだって
リずにまた夢中むちゅうになって
いつのにかって

つよ日差ひざしにヤラれかれて
にがおもさえあま
けたはだ あせあまにおいが
いまとてもなつかしくて

もうすぐまたなつはじまって
うみ花火はなびこいだって
けたはだ あせあまにおいに
またまどわされたくって

もうすぐまたなつはじまって
うみ花火はなびこいだって
けたはだ あせあまにおいに
またまどわされたくって