「夢の真ん中」の歌詞 河口恭吾

2005/2/16 リリース
作詞
河口京吾
作曲
河口京吾
文字サイズ
よみがな
hidden
けたこおりゆびでつついた
しずけさよりおも湿しめったかぜ
ふせたひとみにあふれてるきみ
そのなみだにかえす言葉ことばがない

サヨナラをくりかえしてぼくらは
さがしてたものを見失みうしな
サヨナラをくりかえしてぼくらは
夜空よぞらつき見上みあげる

さめた季節きせつをたぐりよせては
わらない街並まちなみでまるよ
あの わらったぼくらの瞬間とき
いまでも どこかでさがしている

サヨナラをくりかえしてぼくらは
出会であいの意味いみるだろう
やさしさを手放てばなしてぼくらは
かなしいゆめから目覚めざめる

サヨナラをくりかえしてぼくらは
さがしてたものを見失みうしな
サヨナラをくりかえしてぼくらは
夜空よぞらつき見上みあげる

夜空よぞらつき見上みあげる