1. 幸福の歌歌詞

「幸福の歌」の歌詞 河口恭吾

2007/4/18 リリース
作詞
河口京吾
作曲
河口京吾
文字サイズ
よみがな
hidden
放課後ほうかご教室きょうしつのこよるになるまでかたったね
きなコやきなアイドル音楽おんがくやうわさばなしわらったね

あのころゆめおもになってしまったのは一体いったいいつからだろう?

きみきらいだったつまらない大人おとなぼくはなってしまった
それなりの仕事しごととかこいとかあいとかでぼくはもうゆめなどなくなった

へつらいへしころがるようにぎる日々ひび
あの日輝ひかがやいていたカケラがときどきむねおくつつくよ きみはどう?

うしなったぶんだけ身軽みがるになれたっておもえばイイもっとたかべるだろう?

きみりたはずのマーフィーの法則ほうそくなくしてしまった
けたページのなか魔法まほうみたいな言葉ことばをもう一度信いちどしんじられたら

きみきらいだったつまらない大人おとなになってしまったけど
ぼくあるいてくよかえるようなとしでもないしやることたくさんあるから

やぶれた情熱じょうねつかなわなかったゆめにウソつかないように
今日きょうあるいてこういつの明日あしたにまたゆめえがけるように

あるいてこう!!