1. 最後のプライド歌詞

「最後のプライド」の歌詞 河口恭吾

2009/11/11 リリース
作詞
斉藤薫
作曲
河口京吾
文字サイズ
よみがな
hidden
かいのホームで不意ふいかけた横顔よこがお
きだったころよりすこいてえる

何気なにげなくさがしたガラスしのそのこう
つめるわたしながかみをまだしてる

あなたに似合にあうような彼女かのじょになろうと
無理むりしていたクラシックもくわしくなったわ

はやくホームに電車でんしゃて あなたもおもればいい
いかけないとめたサヨナラでひと大人おとなになったから

ずっといまのほうがしあわせよと あなたにげるほど子供こどもじゃないわ
まっすぐつめ 気付きづかれたなら すずしいかお最後さいごのプライド

一緒いっしょにいるのにどこかとおかんじては
わるびれもせずいつもわがままったね

あいったぬくもり ときがさらっても
最後さいごのあなたの言葉ことば 全部言ぜんぶいえるから

はやくホームに電車でんしゃこたえのないいなど ればいい
かなくなったのはあなたのせいじゃない 自惚うぬぼれられたくないから

きっとわたしのほうがしあわせよとつかれた背中せなかにそっとつぶやくの
なつかしい仕草しぐさむねつまらせても まえにしかすすまないとめたの

いくつ季節きせつかさねたら
いくつなみだながしたら
しあわせのこたえをにすることができるのだろう

はやくホームに電車でんしゃて あなたもおもればいい
いかけないとめたサヨナラでひと大人おとなになったから

ずっといまのほうがしあわせよと あなたにげるほど子供こどもじゃないわ
まっすぐつめ 気付きづかれたなら すずしいかお最後さいごのプライド