1. 水曜日の朝歌詞

「水曜日の朝」の歌詞 河口恭吾

2004/8/25 リリース
作詞
河口京吾
作曲
河口京吾
文字サイズ
よみがな
hidden
今夜こんや きみとまちあわせた
ひと街角まちかど
はやくきみいたくて
なんども時計とけいをみるよ

すれちがいや遠回とおまわりを
くりかえして気付きづいたよ
出会であったころおなじように
きみのこと さがしていた

いたずらな時間ときがいま
このこいをためしても
ああ きみのその はなしはしない

いそがしい日々ひびがんばっている
きみがとてもきだから
ありのままのきみをずっと
ぼくつめていたいのさ

ぼけたままキスをして
目覚めざましのベルでわら
たしかめるようにきあえば
理由わけもなくせつなくて

ふりそそぐあさ
やさしさをらしてる
ああ きみ二人ふたり 今日きょうがはじまる

いそがしい日々ひびがんばっている
きみがとてもきだから
一人ひとりじゃないどんなときも
きみのそばにぼくはいる

いそがしい日々ひびがんばっている
きみがとてもきだから
ありのままのきみをずっと
ぼくけとめてあいしたい