1. 秋のエピローグ歌詞

「秋のエピローグ」の歌詞 河口恭吾

2008/11/5 リリース
作詞
河口恭吾,常田真太郎
作曲
河口恭吾,常田真太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
去年きょねんよりおくれで いろづいた銀杏並木いちょうなみき
英雄えいゆう見守みまも市営しえいグラウンドのベンチ

きたからやってくる すこはやかぜ
ごとにびてく あきかげ

コートをあたらしく おうかどうか
まよっているのさ 去年きょねんよりそんなにさむくないから

いつものかえみち のぞきむショーウインドウ
吐息といきこううつしている せっかちなまちひとよそおいを

だれかがけてゆく 家路いえじいそいでいるのかな
役目やくめ無事終ぶじおえた おとをたてる

くちびるとがらせて 音符おんぷさがしているのさ
ざわめいている あきのエピローグ

高度こうどげてゆく 飛行機雲ひこうきぐも
いかけるように 背伸せのびしておどける11月じゅういちがつ夕空ゆうぞら

色彩しきさい見事みごとなコントラスト
たぶんそれは きびしい季節きせつまえ神様かみさまがくれたおくもの