「LOVE LETTER」の歌詞 河口恭吾

2007/11/21 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
線路沿せんろぞいのフェンスに夕焼ゆうやけがまってる
就職しゅうしょく二文字ふたもじだけできみ大人おとなになってく

かいのホーム特急とっきゅうとおぎるたび
とぎれとぎれのがんばれが砂利じゃりまれていく

ホームに見送みおくりに友達ともだちざって
きっとぼくのことはえない

大好だいすきだ 大好だいすきだって
とうとうえないまま
きみとおくのまちってしまう
何回なんかい何回なんかいなおした手紙てがみ
まだぼくのポケットのなか

徹夜てつやつくったテープ わたしたかったから
夜道よみちをバイクでとばし きみいにった

ずっとえずの言葉ことばたくした曲達きょくたち
ながたび退屈たいくつしのぎになればそれでいい

ヘルメットをとってへんになったぼくかみ
わらいながらさわったきみわすれない

大好だいすきだ 大好だいすきだって
とうとうえないまま
きみとおくのまちってしまうのに
何回なんかい何回なんかいなおした手紙てがみ
まだぼくのポケットのなか

自転車じてんしゃしながらかえ夕暮ゆうぐ
このえきとおたび
網目あみめかげながれる横顔よこがお
ぼくはこっそりつめてた

大好だいすきだ 大好だいすきだって
ずっとおもっていた
きみとおくのまちってしまうから
何回なんかい何回なんかいなおした手紙てがみ
ずっとぼくのポケットのなか