1. 時代おくれ歌詞

「時代おくれ」の歌詞 河島英五

1986/4/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
一日二杯いちにちにはい
さけ
さかなはとく
こだわらず
マイクがたなら
微笑ほほえんで
十八番おはこひと
うたうだけ
つまにはなみだ
せないで
子供こども愚痴ぐち
きかせずに
おとこなげきは
ほろいで
酒場さかばすみ
いて
目立めだたぬように
はしゃがぬように
似合にあわぬことは
無理むりをせず
ひとこころ
つめつづける
時代じだいおくれの
おとこになりたい

不器用ぶきようだけれど
しらけずに
純粋じゅんすいだけど
野暮やぼじゃなく
上手じょうずなおさけ
みながら
一年一度いちねんいちど
っぱらう
むかしともには
やさしくて
わらぬとも
しん
あれこれ仕事しごと
あるくせに
自分じぶんのことは
あとにする
ねたまぬように
あせらぬように
かざった世界せかい
ながされず
きなだれかを
おもいつづける
時代じだいおくれの
おとこになりたい
目立めだたぬように
はしゃがぬように
似合にあわぬことは
無理むりをせず
ひとこころ
つめつづける
時代じだいおくれの
おとこになりたい