「晩秋」の歌詞 河島英五

1997/10/22 リリース
作詞
河島英五
作曲
河島英五
文字サイズ
よみがな
hidden
このくに一番美いちばんうつくしい
えるあきおとずれる
そらとおとおところから
なつかしいうた
こえてきそうだ
縁側えんがわ
つくろものしながら
くちずさむははうた
下校時間告げこうじかんつげる
チャイムととも
ながれたメロディか
かなしみに心奪こころうばわれ
きるちから
くしたときにも
季節きせつうつくしく
めぐ
やさしくひび

こえつぶれるほど
いたよる
いだったぬくもりも
日々ひび
らしのなか
いつのにか
もれてくでしょう
街路樹がいろじゅあかいろづくみち
わら子供達こどもたち
道草みちくさをしておかえりなさい
いまたのしむが
やがてさむふゆ
すべてがゆきもれても
あなたときて
あいった日々ひび
わすれはしない
幾度いくど季節きせつめぐって
すべてがかぜながれても
あなたがきて
のこしたぬくもり
けっしてえない
木枯こがらしがいても
ゆきもれても
けっしてえない