「その声を覚えてる」の歌詞 <物語>シリーズ セカンドシーズン ED 河野マリナ

2013/10/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いまもずっと、そのこえおぼえてるから

あの日走ひはしったみちに あの日見上ひみあげたそら
二度にどかえらないときをかさねてる
キミはわらうだろうか すこおこるだろうね
こんなあきらわるぼくのことを

何度なんどでも…
迂闊うかつねが可能性かのうせい精査せいさして
まだあまうそだまされてたくて

だからどうか、せめてなんておもこころ
一時的いちじてき感傷かんしょうだってゆるせばいい
だからそうさ、キミがやっと絶望ぜつぼうさき
れた日々ひびいつわりなんてないと
ってあげよう

ほんのみじかゆめや ほんの些細ささい会話かいわ
そこにおもいをせるのは自由じゆう
子供こどもじみた意地いじかな だれもいいかおしないか
だけどきっと必要ひつよう手順てじゅんなんだ

これからも…
自分じぶんなりのただしさできあってく
たとえ無力むりょく現実げんじつだとしても

ぼくぼくを、最後さいごまであきらめないよ
どんなとき精一杯せいいっぱいあらがいたい
だからいつか、このこえやさしいひびきで
まただれかをすくえるように
今日きょうきていくんだ

わらない迷路めいろのように
彷徨さまよってつながる未来みらい
結末けつまつはまだできてない

だからどうか、せめてなんておもこころ
一時的いちじてき感傷かんしょうだってゆるせばいい
だからそうさ、キミがやっと絶望ぜつぼうさき
れた日々ひびいつわりなんてないね

ぼくぼくを、最後さいごまであきらめないよ
どんなとき精一杯せいいっぱいあらがいたい
だからいつか、そのこえやさしいひびきで
まただれかをすくえるように
今日きょうきていくんだ

わすれないで わすれないで
わすれないで