1. ねどこのせれなあで歌詞

「ねどこのせれなあで」の歌詞 泉谷しげる

1972/4/25 リリース
作詞
泉谷しげる
作曲
泉谷しげる
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくがてっていてき
ほれてるあの
ぼくのノウミソを
じゃぶじゃぶあらってるんだ
いつきとられたか
らないが
あのたのしそうに
あらってるんだ
ぼくはそれを横目よこめ
ながら
少年しょうねんジャンプをんでいる

あのがいくら洗濯せんたくすきだからって
ぼくのノウミソまで
あらうとおもわなかったよ
部屋へやにあるものは
あののものがおおいので
仕方しかたがなく
マルクスとレーニンのほんをすてたんだ
あのはぼくによくつくしてくれるのは
いいけれど
たまにはひとりで
ハネをのばしたいときもあるんだ

オフクロから
やっと解放かいほうされたっちゅうに
今度こんどはあの
リモコンしようとしている
でももうあの
わかれることはできない
ほかおとこにやるのなら
ころしたほうがいいのだ

しかしあの
しわしわになって
あかくちからをはきながら
せまってきたらこわいから
ぼくはスモッグだらけの
そら見上みあげて
満月まんげつよるをまっていよう
あのがひらきっぱなしの
かおをして
ねこんだよる
ぼくはデバボウチョウをとごう
明日あした相模原さがみはらまで
デバボウチョウをいにこう