「乱・乱・乱」の歌詞 泉谷しげる

1974/10/25 リリース
作詞
泉谷しげる
作曲
泉谷しげる
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしかけるあさみち
いつもすれちが小学生しょうがくせいたち
かれらはいつも3、4にんではしゃぎ
わたしながらとおぎる

女房にょうぼう五ヶ月ごかげつのおなかをかかえ
毎朝まいあさわたしおく
女房にょうぼうのために子供こどものためにと
タイムカードはきれいな数字すうじ

毎朝まいあさすれちが小学生しょうがくせいたち
このごろすこになりだした
かれらはいつもわたしながら
馬鹿ばかにしたかおですれちが

あとすこしでわたしいえ
三人さんにんらしになるので
おもちゃとおるたびにまり
みせ主人しゅじん笑顔えがおわす

らんらんらん
らんらんらん
らんらんらん
らんらんらん

そのあさになった
いつもの小学生しょうがくせい一人ひとり
わたしまえちはだかり
馬鹿ばかってはしった

わたしてくれは特別とくべつではなく
ごく普通ふつうのスタイルでらしている
ひとにとやかくわれるほど
目立めだったことはしてないのだ

らんらんらん
らんらんらん
らんらんらん
らんらんらん

そのあさは そのあさ
小学生しょうがくせいたちわたしかって
いしげてはしゃいだのだ
たらなかったとはいえ、あたまにきた

それからわたしあさみち
小学生しょうがくせいけて裏道うらみちとお
いえかえるのも遠回とおまわりで
あせかきになったかえ

らんらんらん
らんらんらん
らんらんらん
らんらんらん