1. 北の詩人歌詞

「北の詩人」の歌詞 泉谷しげる

1974/10/25 リリース
作詞
泉谷しげる
作曲
泉谷しげる
文字サイズ
よみがな
hidden
あのそらへととんだとき、ぼくはとてもいそがしかったので
電話でんわはなすは、わけばかりで、できればらせて
ほしくはなかった

兄貴あにきうみしずんだとき、となりの夫婦ふうふはいつものケンカで
テレビのまえでは子供こどもおどり、オヤジは今日きょう野球やきゅう
れない

ユメをてるのはおれだけじゃないはず、息切いきぎれする
ころにらせてきて
ユメをこわすはありがたき家族かぞく、もっととおくへ、
もっととおくへとどかないところ

いもうとよるきになったとき組合くみあいストは中止ちゅうしになり
かれらはシワよせ、わめきちらし、あたりはまた
もろにけて
おいらがパレードになくなったときかれらはしろ
むきだして
たりはずれは、もう、れっこさ、おそかれはやかれ長居ながい無用むよう

ユメをてるのはおれだけじゃないはず、息切いきぎれする
ころにらせてきて
ユメをこわすはありがたき家族かぞく、もっととおくへ、
もっととおくへとどかないところ