1. 回帰線歌詞

「回帰線」の歌詞 泉谷しげる

1998/7/15 リリース
作詞
泉谷しげる
作曲
泉谷しげる
文字サイズ
よみがな
hidden
ハガキのようにうつくしい
この街並まちうらにひそむ
おそろしくひくいうめきごえ
となりのマドからもれる
ひとつドアのむこがわ
おんながなぐられたおれるおと
子供こどもがナイフをみつめてる
しかるおやさえころされて
よる
ひるとじゃ
まるで
ひとがちがう
なにがおきても
なにもないフリを
なにいても
なにないフリを
れるおれ
えてゆく出来事できごと

ゆきのようなしろいノートに
きみ裸体はだか
うつくしく卑猥ひわいならせんをえが
かなわぬおもいをぶつける
ひとつ社会しゃかい屋根やねした
くちをきくのもいやなのに
そとヅラだけはおしゃれして
おなじテーブルのせき
よる
ひるとじゃ
まるで
ひとがちがう
なにがおきても
なにもないフリを
なにいても
なにないフリを
れるきみ
またここへまいもど