1. 都市の夕映え歌詞

「都市の夕映え」の歌詞 泉谷しげる

1994/5/21 リリース
作詞
泉谷しげる
作曲
泉谷しげる
文字サイズ
よみがな
hidden
あらしまえぶれが
オレのマドをたたく
ねむれるおまえ
をさますのかい
予測よそくがつかない
ちからをみせつけて
すべてをこわして

だまりつづける
無力むりょくまちでも
オレがそだった
家族かぞくまち
まえがめざめる
そのても
すべてをさらして
きあう
ことわりきれない
約束やくそくがあるのさ
時間じかんをきめる
そのときだけのオレ
うしなうことに
おそれをだき
おびえる自分じぶん
いかりをかんじる
いま見放みはな
などないのさ
ビルの谷間たにま
夕映ゆうばえをみつめて・・・

時代じだいまえぶれが
未来みらいのドアをたたく
ねむったふりして
をつぶるのかい
予期よきせぬ出来事できごと
ふりまわされても
自分じぶんこたえに
かう
かかえきれない
約束やくそくがあるのさ
時間じかんにする
そのときだけのオレ
いのちわりを
予告よこくされても
うしなうものなど
なにもない
まえ見放みはな
ちからつのさ
ビルの谷間たにま
夕映ゆうばえをつめて・・・
いのちやして
たたか相手あいて
だれよりになる
自分じぶんとのたたか
すべてがわる
そのても
ビルの谷間たにま
夕映ゆうばえをつめて・・・