「陽が沈むころに」の歌詞 泉谷しげる

1972/11/25 リリース
作詞
泉谷しげる
作曲
泉谷しげる
文字サイズ
よみがな
hidden
はなとりにかこまれ かわながれにみみ
過去かこのキズをいやし のんびりくらしたいとおもうが

とおくにへにげ 過去かこからにげるほど
ぼくの人生じんせいおもくない

こいにやぶれたことや くらしにこまったことや
いつも自分じぶんをなぐさめ ひとのせいにしていたさ

とおくにへにげ 過去かこからにげるほど
ぼくの人生じんせいおもくない

あたまをかかえてなやむ姿すがたは ある意味いみではうつくしいのさ
そばでおやじがわらう カラカラ カラカラわら

とおくにへにげ 過去かこからにげるほど
ぼくの人生じんせいおもくない

ふりかえつてるほど ぼくはきのびちゃいない
ふりかえつてかなしむほど ぼくのキズはふかくない