1. 黒いカバン歌詞

「黒いカバン」の歌詞 泉谷しげる

1972/4/25 リリース
作詞
岡本おさみ
作曲
泉谷しげる
文字サイズ
よみがな
hidden
くろいカバンをぶらさげてあるいていると
おまわりさんに びとめられた
おーいちょっととかれうのだった
おいちょっとというあいさつを
くれたことがなかったので
むかっときたのです
すると おまわりは
そのカバンをみせてもらいたいといって
さも それが当然とうぜんなような かおをした
せたくなければせない
これは当然とうぜんなのであるから
せたくないですね というと
おまえはだれだというので
ぼくは人間にんげんですよ とこたえたのです
すると おまえは とおおきなこえでいうので
あなたのお名前なまえは とたずねると
それはいえない という
それはへんですね
ひとったなら まして初対面しょたいめんなら
たがいのるのが最低さいてい礼儀れいぎでしょう
というと
おまわりは たてつくのかというので
礼儀れいぎらず というと
なに!とおこったが
おもいなおしたようにかれ
まあ今度こんどだけはゆるしてやる などといったので
そこでぼくも
今度こんどだけはゆるしてやるといってやった