「もうひとつの土曜日」の歌詞 浜田省吾

1985/5/22 リリース
作詞
浜田省吾
作曲
浜田省吾
文字サイズ
よみがな
hidden
昨夜眠ゆうべねむれずに
いて いたんだろう
かれからの電話でんわ
つづけて
テーブルのこうで
きみわらうけど
ひとみふちどる
かなしみのかげ
いきがつまるほど
人波ひとなみされて
夕暮ゆうぐ電車でんしゃ
アパートへかえ
ただ週末しゅうまつわずかな
かれとのとき
つなぎわせて
きみきてる
もうかれのことは
わすれてしまえよ
まだきみわか
そのほほなみだ
かわかせるだれかが
このまちのどこかで
きみのことを
つづけてる
woo いて oh…
woo… さがして さがして

きみおもとき
よろこびとかなしみ
ふたつのおもいに
うごいている
きみさばこうとする
そのこころ
ときにおれを
きずつけてしまう
今夜町こんやまちよう
友達ともだちりた
オンボロぐるま
うみまではしろう
この週末しゅうまつよる
おれにくれないか
たとえ最初さいしょ
最後さいごよるでも
woo 真直まっすぐに oh…
woo… つめて つめて
子供こども頃君ころきみ
夢見ゆめみていたもの
かなえることなど
出来できないかも しれない
ただ いつもそばにいて
をかして あげよう
ってしい
この指輪ゆびわ
ってしい
このこころ