1. キャンパスの冬歌詞

「キャンパスの冬」の歌詞 浜田省吾

1976/10/21 リリース
作詞
浜田省吾
作曲
浜田省吾
文字サイズ
よみがな
hidden
キャンパスのふゆは いつも灰色はいいろ
ゆうべのあらそいのあとあめながれる
どうしてあのは クラスにでてこない
あのとき学生課がくせいかかけた以来いらい

あこがれてた わか日々ひび
あいくらはる陽射ひざなにかのうわす
ひとりきりでこのまち さまよえば
今日きょうひとながされて えりてるだけ

故郷こきょうではおふくろが 指折ゆびおかぞえては
ぼく卒業そつぎょうするってるだろう
どこかさびしげな 面影おもかげのあの
もう二度にどえない そんながする

わずかばかりの故郷こきょう仕送しおくりも
使つかはた今日きょうもバイト よる工場こうじょう
ひとりきりじゃこのまち つらすぎる
せめてあのつたえたい きみきだと
きみきだと