「君に捧げるlove song」の歌詞 浜田省吾

2003/9/10 リリース
作詞
浜田省吾
作曲
浜田省吾
文字サイズ
よみがな
hidden
「もうかなきゃ…」 と

きみ後姿うしろすがた見送みおくって
ここでつよきてく
季節きせつはずれの台風たいふう
顔負かおまけの低気圧ていきあつ
まど屋根やね
あめたたきつけて
くるってる
ベッドルームに
ました
きみがいるような
がしてさ
おもわず名前なまえ
びそうになる
じればきみがいる
どの部屋へやにも…
おもぶには
せつなくて リアルぎて
ふいにむねがつまる
「…かないで」 と
わらってる
きみ見守みまもっていて
くれるから
ここでつよきてく
埃被ほこりかぶったアルバム
して ページめくる
出会であったころの まだ
少女しょうじょのようなきみ写真しゃしん
あたえられた時間ときなか
精一杯せいいっぱい きたきみ
いつでも
家族かぞくみなとだった
じればきみがいる
ながらした このまち
すべての季節きせつなか
ぎた日々ひびいま
永遠えいえんになる
「…かないで」 と
わらってる
きみ見守みまもっていて
くれるから
ここでつよきてく
雨音あまおとしずかになり
おとずれるあさ気配けはい
わかれのときげる

「もうかなきゃ…」 と

きみ後姿うしろすがた見送みおくって
ここでつよきてく
じればきみがいる
どの部屋へやにも…
おもぶには
せつなくて リアルぎて
ふいにむねがつまる
「…かないで」 と
わらってる
きみ見守みまもっていて
くれるから
ここでつよきてく
ここで
ひとりきてく