「旅立ちの朝」の歌詞 浜田省吾

1976/9/21 リリース
作詞
Shogo Hamada
作曲
Shogo Hamada
文字サイズ
よみがな
hidden
やみひかりななめにんできて
記憶きおく出来できないゆめくぐけて
目覚めざめたあさ旅立たびだちにふさわしくて
土砂降どしゃぶりのくらそら ひか稲妻いなずま

むねいたかんじないように
機械的きかいてき荷作にづくりして
ずぶれのままタクシーに荷物にもつんで
ながくらしたこの部屋へや ついてゆく

コーヒー片手かたてまどそとている
あの姿すがた おもえが
でも そのよこには彼女かのじょあたらしいボーイフレンド
たされてねむってる あのベッドで

空港くうこうたずねる
つぎつフライトのせきはまだあるか?」
どこでもいいさ
どこでもおなじようなもの
彼女かのじょのいないくにへとんでくのさ
くもうえ青空あおぞら 旅立たびだちのあさ