1. 生まれたところを遠く離れて歌詞

「生まれたところを遠く離れて」の歌詞 浜田省吾

1976/4/21 リリース
作詞
浜田省吾
作曲
浜田省吾
文字サイズ
よみがな
hidden
まれたところをとおはなれてうたう
このに いつのにかひかりがみえるように

くるままどごしで見送みおくるおふくろわすれられぬなみだ
てちゃならねえものを
おれはたわいもなくくしたようだ

どこのまちでも かせてやるさ
てた故郷こきょうとひきかえの馬鹿ばか息子むすこの Rock & Roll
だけどもしすこしばかりの紙切かみきれをかせげたら
両親りょうしんちいさないえってやりたかったおれさ

だれもがなにかをりわたし きてゆくさ このじゃ
だけどなにるものがかった あのなにったか
「おまえにゃ どうせ理解わかるまい 鉛色なまりいろのそのじゃ!」
だけどげたこぶしかおそむけたよわいおれさ

どこのまちでも こえてくるよ
まずしいくら精一杯せいいっぱいやってみてもせない
そうさ親父おやじも16のときからはたらいてはたらいて はたらいてきたけど
このいえもなく その日暮ひぐらしの毎日まいにち

どこのまちでも こえてくるよ
みちくした男達おとこたちうめごえ
だけどだれ自分じぶんのことさえすくえない このじゃ
いたみを理解わかえても 言葉ことばはただ「さよなら」だけさ

まれたところを とおはなれてうたう
このに いつのにかひかりがみえるように