「遠くへ -1973年・春・20才-」の歌詞 浜田省吾

1986/9/4 リリース
作詞
浜田省吾
作曲
浜田省吾
文字サイズ
よみがな
hidden
やっと 試験しけんかったと
よろこいさんである並木道なみきみち
かたにセーターと
おろしたての
バスケット・シューズ
長髪かみをひるがえし
がる校舎こうしゃ
はじめてあの
出会であったあさ
ぼく20才はたち
まだキャンパスもはる
あかいヘルメットのおくひとみ
見透みすかされたようで
なんとかわら
とおくへ とおくへと
ねがった日々ひび
真直まっすぐにておくれ
ぼくいてる きみのために

ポケットのなか
わずかなバイトりょう
最終電車さいしゅうでんしゃ
プラット・ホームから
あの電話でんわ
「やあぼく元気げんきかい」
いまからないか
どこかでもうぜ」
駅前通えきまえどおりの馴染なじみのみせ
グラスをかさねて
そしてはじめてのよる
その あの
こいわったとは
らないぼく
ひとりさびしかったし
とおくへ とおくへと
ねがった日々ひび
真直まっすぐにておくれ
ぼくいてる きみのために

こん銀色ぎんいろたてまえ
そらあおいでいのつづけた
かみ僕等ぼくらちからをかして
でなけりゃいまにも
たおれてしまいそう”
くと とおくに
あの眼差まなざ
わらっているのか
しそうなのか
ちがちがう こんなふうぼく
ちのめされるため
きてきたわけじゃない
とおくへ とおくへと
ねがった日々ひび
真直まっすぐにておくれ
ぼくいてる きみのために

ほしがひとつ
そらからりて
あなたのみち
らすのよ”と
はなしてくれた
Uh きっとそうだね
いつまでたっても
いしころじゃないさ
とおくへ とおくへと
ねがった日々ひび
真直まっすぐにておくれ
ぼくいてる きみのために
とおくへ…)