1. 4年目の秋歌詞

「4年目の秋」の歌詞 浜田省吾

1979/12/5 リリース
作詞
浜田省吾
作曲
水谷公生
文字サイズ
よみがな
hidden
19じゅうくとき きみ
うちをてから
この都会一人まちひとり
アパートらし
7時ひちじ目覚めざまし
時計止とけいとめて
コーヒーだけの
朝食ちょうしょくすませ
今日きょうなに
ていこうかしら
毎朝迷まいあさまよかがみまえ
でも まようほど
ハンガーケースのなか 洋服ようふく
ならんでいるわけじゃない
電車でんしゃとびら
しつけられて
朝日あさひなか
きみ一人ひとり……

土曜どようよる
テーブルごしに
こえかけられる
見知みしらぬひと
でもさびしさ
せるような
少女しょうじょころ
もうとお日々ひび
本当ほんとう愛見あいみつける
そのまで
夜更よふけのまち
きみ一人ひとり……