1. MIDNIGHT FLIGHT -ひとりぼっちのクリスマス・イブ歌詞

「MIDNIGHT FLIGHT -ひとりぼっちのクリスマス・イブ」の歌詞 浜田省吾

1987/6/28 リリース
作詞
浜田省吾
作曲
浜田省吾
文字サイズ
よみがな
hidden
あのせたつばさ 夜空よぞらえてく
空港くうこう駐車場ちゅうしゃじょう もう人影ひとかげもない
くな”と めれば 今頃いまごろ二人ふたり
高速こうそく都心としんへと はしっていたはず

くしたものが あまりにおおきすぎて いたみを
かんじることさえも 出来できないままさ
ひとりぼっちの クリスマス・イブ
こごえそうな サイレント・ナイト
ここからどこへこう もうなにえないそらした

いもうとくらすつもり しばらくニューヨークで
ひとりきり 東京とうきょうで もうきてゆけない
いたいときにだけ 電話でんわかけてきて
食事しょくじして ドライブして ベットにはいるだけ

かたちあいだけを しんじてきたあなたは
本気ほんきあいすること おそれてるだけ
ひとりぼっちの クリスマス・イブ
こごえそうな サイレント・ナイト
二人ふたりきてきた 都会まちあかりがとおざかる

した みぞれまじりの
あめゆきかわってゆく
だれみんな あいするひと
場所ばしょへと かえってゆく

ポケットのなか あのおくろうとした Golden Ring
いまでも のひらに にぎりしめたまま
ひとりぼっちの クリスマス・イブ
こごえそうな サイレント・ナイト
もうまもるものなんてつけられない なにひとつ