「スタートライン」の歌詞 海援隊

1995/11/8 リリース
作詞
武田鉄矢
作曲
千葉和臣
文字サイズ
よみがな
hidden
夜明よあまえ薄暗うすぐらみち
だれかがもうはしっている
ひろった小石こいし
だれかがいた
アスファルトみち
スタートライン
さむ身体からだわけにして
まちねむってる
くもぞらあさ
自分じぶんあせ自分じぶんあたためて
さびしさ目指めざして
はしひとがいる
いま 私達わたしたち大切たいせつなものは
こいゆめ
かたりあうことじゃなく
一人ひとりぼっちになるため
スタートライン
あめってるまち公園こうえん
だれかが一人濡ひとりぬれている
たせてばかりの
こいするひと
くつのかかとで
いたピリオド
素直すなおやつほど
きずついてしまう
みんな上手じょうず
ふざけてきるのに
たった ひとつの
わかれのため
なみだ
ながひとがいる
いま 私達わたしたち大切たいせつなものは
こいゆめ
かたりあうことじゃなく
一人ひとりぼっちになるため
スタートライン

よる川原かわらなが一本道いっぽんみち
だれかがまだはしっている
ほし見上みあげてはしつづける
だれかがいた
スタートライン
こうの岸辺きしべ
あんなにあかるく
まちあかりよるがすのに
かすかなほしひかりさがして
やみえらんではしひとがいる
いま 私達わたしたち必要ひつようなものは
ひかあふれる
あかるい場所ばしょじゃなく
やみかって
はしため
スタートライン