1. ダメージの詩歌詞

「ダメージの詩」の歌詞 海援隊

2001/12/21 リリース
作詞
武田鉄矢
作曲
千葉和臣
文字サイズ
よみがな
hidden
見上みあげた夜空よぞらつきがふたつ ちぎれてかがや
わたしひとみとしをとり るものすべてがにじんでゆがむ
乱視らんしがすすみ つまがふたりにダブってえる
いもうとみたいなつまだったけど たしかにいま父親ちちおやえる

れの街角まちかどひび歌声うたごえ もなきそのうた
わかひとたちゆめをみる スポットライトをあこが目指めざして
そんな時代じだいぼくにもあったがきみとはちが
こいすることをだれかの真似まねして LOVEとかざってうたいはしなかった

浮気うわきがバレたいすぎて 間違まちがえたのだ勘違かんちが
そのひときしめ今夜こんやかえると ささやきかけたがそれはつまだった
ってかえってたことすっかりわすれてた
つま立派りっぱだ タクシーんで りながら見送みおくってくれた

ひとり酒場さかばでふとくちびるうたすあのうた
あの素晴すばらしいあいをもう一度いちど ぼくらのうた何処どこへいったのだろう
かなしいくせだな 星占ほしうらないで恋愛運れんあいうん
きちてればつまかくれて うめ小枝こえだつよつよむす

茶髪ちゃぱつむすめおどりながら テレビでうたっている
あまりのうごきの素早すばやさに ていてつかれるじっとしてうた
子供こどもがテレビをはなれたスキに チャンネルえてそっと見詰みつめる
天気てんき予報よほうのお天気てんきねえさん スキです普通ふつうひとだから

ダメージのうたうたえばせつなく 青春せいしゅんとお
われ中年ちゅうねん夜明よあまえやみうたおうダメージのうた