「ライスカレー」の歌詞 海援隊

1997/10/1 リリース
作詞
武田鉄矢
作曲
千葉和臣
文字サイズ
よみがな
hidden
風呂ふろあがりに
夜空見上よぞらみあげて
れたかみをふく
ひとりかえって故郷ふるさと
秋風吹あきかぜふいて
台所だいどころから ひびく水音みずおと
なつかしい カレーのにおい
すませてきたと
ってもきかず
はは背中せなか
ジャガイモきざ
まれたいえ
すわ場所ばしょさえ
12のときのそのまんま
まれたいえ星空ほしぞらした
あかともして ライスカレー

たたみにすわれば
はは
コップのみずぎんのさじ
ジャガイモだらけの
ライスカレー
子供こどもころ
かえりがおそいと
ちちにしかられ
部屋へやすみ いてもべた
わたしがすぐに
むように
はははあのおな笑顔えがお
まれたいえ
すわ場所ばしょさえ
12のときのそのまんま
まれたいえ星空ほしぞらした
あかともして ライスカレー

もうすぐ50に
なるわたしなのに
カレーべる横顔よこがお
78のはは
つめる 微笑ほほえみながら
今夜こんや二人ふたり枕並まくらならべて
ねむろうおなやみ
としをとるのも
わるくはないね
れずにえます
長生ながいきしろよ
まれたいえ
ときまって
12のときのそのまんま
まれたいえ星空ほしぞらした
あかしても
カレーのにおい
あまがわから ほしながれる
おとこえる あきよる